かみや矯正歯科・歯科│静岡県浜松市中区蜆塚4-8-7
浜松市中区蜆塚の矯正歯科・歯科

自立支援指定医療機関 顎口腔機能診断施設

お電話でのお問い合わせはこちら

Tel 053-456-8011

ORTHODONTIC TREATMENT矯正歯科

歯並びは、貴方健康
密接しています。

見た目が美しい。矯正治療がもたらすものは、それだけではありません。
歯並びが悪いと、歯磨きがきちんとできずに、虫歯や歯周病、口臭の原因となることもあります。
歯並びを治して正しい歯磨きの方法を覚えて続ければ、虫歯を予防して自分の歯で一生を過ごすことだってできるかもしれません。
また正しい噛みあわせを得ることは、実は肩こりや消化不良など、身体全体の健康を害する要素を軽減することができたり、姿勢や全身状態を整えることにもつながります。
かみや矯正歯科・歯科では、見た目はもちろんのこと、患者さんの健康を考え、ライフスタイルにあわせた矯正歯科治療を提案いたします。

歯並びが悪いと

01虫歯や歯周病になりやすい

歯並びがガタガタの場合、唾液の流れが悪くなることや、口唇や舌が歯の面に触りにくいため、自然に備わっているはずの歯垢(プラーク)の除去効果が抑制されます。さらにブラッシング時の歯ブラシの毛先が歯にあたりにくいため、磨き残しによる歯垢が溜まりやすくなります。ほっておくと虫歯や歯周病の原因になり、結果的には歯を失いやすくなります。

02よく噛めない

歯並びが悪いと正しい咬み合わせが出来ません。奥歯が歪んでいるとそのしわ寄せが前歯にもでてきます。そのため前歯で食物を噛みきることが難しくなり、まる飲みのクセがついてしまいます。そのため、 胃腸にも大きな負担を与える事になってしまいます。また、左右のバランスがとれていない歯列は体のバランスにも影響します。アゴが痛くなったりします。

03アゴの成長、顔のかたちに
悪い影響を及ぼす

アゴの骨や顔の筋肉は、正しく咀嚼することで発達します。不正咬合だと正しい咀嚼が不可能になり、アゴの成長が未発達になったり、顔が歪んでしまったりする影響がでてきます。また記憶力をはじめとする脳の働きにも影響すると言われています。

04口元が目立つ

歯並びが悪いとコンプレックスの原因になります。自分の歯並びや口もとの突出感が気になり、人とのコミュニケーションが消極的になります。会話や笑ったりする時までも、 知らず知らずのうちに、口もとを手で隠したりしてしまいます。社会生活にストレスが溜まったり、歯ぎしり、姿勢も悪くなる原因となります。

05発音しにくい

咬み合わせの状態によって、さまざまな発音障害がでてきます。ガタガタによる狭い歯列は正常な舌の動きを抑制し、正しく発音することが難しくなります。また、前歯が咬んでいないと話している時に空気が抜けてしまい、とくに英語などの外国語の発音が難しくなります。歯並びの不正は他人とのコミュニケーションに影響します。

矯正歯科を選ぶポイント

日本の歯科医師法では、歯科医師免許を持ってさえいれば矯正治療の看板をかかげることは当然許されていますし、法的には何も問題ありません。
ただ最近、厚生労働省や消費者庁に寄せられる相談の中で、不適切な矯正歯科治療に関する苦情が増加しています。
当医院へも7,8年も矯正装置がついているのに改善されないというセカンドオピニオンで来院される成人患者さんが後を絶ちません。
矯正歯科治療は技術が問われる分野のため、ある一定の水準に到達するにはかなりの鍛錬が必要となります。
日本矯正歯科学会では矯正歯科選びの一助として、臨床指導医(旧専門医)、認定医の資格を設けて患者さんに注意を呼びかけています。

外部リンク(日本矯正歯科学会 ホームページ)
日本矯正歯科学会 認定医・臨床指導医名簿一覧

かみや矯正歯科・歯科では、来院される方が安心して治療を受けていただくために、日本矯正歯科学会臨床指導医(旧専門医) 認定医を取得しております。
臨床指導医は日本矯正歯科学会認定医の資格を持つ矯正医が、さまざまな症例の展示や試問審査等で3次試験まで合格したものに与えられる極めて基準の厳しいライセンスです。
当医院で矯正治療を受けてくださいとはいいませんが、学会のHPから最低でも日本矯正歯科学会認定医をお持ちで矯正歯科を専門にされている先生での治療をお勧めいたします。

外部リンク(日本矯正歯科学会 ホームページ)
静岡の認定医・臨床指導医名簿一覧

日本矯正歯科学会臨床指導医(旧専門医)・認定医

矯正治療をしている歯科医といってもその技術・経験には差があります。来院される方が安心して治療を受けていただくために、日本矯正歯科学会の臨床指導医(旧専門医)・認定医を取得しております。臨床指導医(旧専門医)は日本矯正歯科学会認定医の資格を持つ矯正医が、さまざまな症例の展示や試問審査等で三次試験まで合格した者に与えられる極めて基準の厳しいライセンスです。
また、「顎口腔機能診断施設」「障害者自立支援指定医療機関」にも指定されているため、顎変形症を含めた厚生労働大臣が定める疾患においては保険適応で矯正治療を行うことができます。
治療を始める時期はお子様それぞれで違います。こどもは成長発育をしているので、上下の顎骨の成長を適正な成長へと誘導すること。また、永久歯の不適切な位置からの萌出を予防したり、指しゃぶりなどの悪習癖が成長に与える機能的な問題を改善させます。
7歳までに一度、矯正臨床指導医(旧専門医)に受信することが推奨されます。