かみや矯正歯科・歯科 : 静岡県浜松市中区蜆塚4-8-7 、浜松市中区蜆塚の歯科医院

歯並びが悪いと

1.虫歯や歯周病になりやすい

歯並びがガタガタの場合、唾液の流れが悪くなることや、口唇や舌が歯の面に触りにくいため、自然に備わっているはずの歯垢(プラーク)の除去効果が抑制されます。さらにブラッシング時の歯ブラシの毛先が歯にあたりにくいため、磨き残しによる歯垢が溜まりやすくなります。ほっておくと虫歯や歯周病の原因になり、結果的には歯を失いやすくなります。

2.よく噛めない

歯並びが悪いと正しい咬み合わせが出来ません。奥歯が歪んでいるとそのしわ寄せが前歯にもでてきます。そのため前歯で食物を噛みきることが難しくなり、まる飲みのクセがついてしまいます。そのため、 胃腸にも大きな負担を与える事になってしまいます。また、左右のバランスがとれていない歯列は体のバランスにも影響します。アゴが痛くなったり、肩がこりやすくなったりします。

3.アゴの成長、顔のかたちに悪い影響を及ぼす

アゴの骨や顔の筋肉は、正しく咀嚼することで発達します。不正咬合だと正しい咀嚼が不可能になり、アゴの成長が未発達になったり、顔が歪んでしまったりする影響がでてきます。また記憶力をはじめとする脳の働きにも影響すると言われています。

4.口元が目立つ

歯並びが悪いとコンプレックスの原因になります。自分の歯並びや口もとの突出感が気になり、人とのコミュニケーションが消極的になります。会話や笑ったりする時までも、 知らず知らずのうちに、口もとを手で隠したりしてしまいます。社会生活にストレスが溜まったり、歯ぎしり、肩こりや、姿勢も悪くなる原因となります。

5.発音しにくい

咬み合わせの状態によって、さまざまな発音障害がでてきます。ガタガタによる狭い歯列は正常な舌の動きを抑制し、正しく発音することが難しくなります。また、前歯が咬んでいないと話している時に空気が抜けてしまい、とくに英語などの外国語の発音が難しくなります。歯並びの不正は他人とのコミュニケーションに影響します。

歯並びが悪いとのトップに戻る